相続人が他のいない旨の証明書の先例変更

春がもう目の前に来てますね。

日増しに暖かさを感じてます。

 

先日、平成28年3月11日付法務省民二第219号

通達により相続登記における添付書面に変更が

ありました。

 

相続登記に添付する除籍、原戸籍謄本が除却

されて添付できない場合、以前は相続人が他に

いない旨の証明書(いわゆる上申書)を印鑑

証明書付きで添付していました。

 

それが、今回からその証明書の添付は不要と

の扱いになったとのことです。

 

実務についた頃から、よく訳の分からない

取扱だなと感じておりましたので、個人的に

は良かったなと感じております。

 

司法書士法人高山事務所 司法書士梶原貴志

司法書士法人高山事務所

スタッフ一覧

髙山修二(所長)

高山事務所の代表です。

記事を見る

最近のブログ記事

by 梶原貴志 2017年12月11日

登記懈怠について

by 梶原貴志 2017年03月18日

株式譲渡制限規定の定款変更の必要性

by 梶原貴志 2016年09月17日

オンライン申請の特例方式

by 梶原貴志 2016年08月09日

取締役の任期の短縮

by 梶原貴志 2016年02月08日

商業登記規則等の一部改正案について

by 梶原貴志 2015年12月10日

改正会社法施行後の株主総会

by 梶原貴志 2015年12月02日

役員の「補欠」と「増員」の解釈

カテゴリ