自筆証書遺言について

どうも、司法書士法人高山事務所の司法書士の梶原です。

バタバタしている間に、前回より1年も経過してしまいました。

これを反省材料に、定期的にアップしていきたいと思います。

 

京都は昨日祗園祭の山鉾巡行が終わり、これから夏本番。

って言っても、今年はかなり早く梅雨も明け、とにかく暑い暑い。

私の脳みそは、半分焼け焦げております。

 

今日は最近いくつかお目にかかる自筆証書遺言について少し

書いてみます。

 

自筆証書遺言は、その名のとおり自分が死んだ時のことを想定して

自らの財産の分配等について、相続人に対して意思表示する手段

です。

 

公証人を介して作成する公正証書遺言もありますが、手数料がかからないし、

証人も必要ないので、手軽に残して置けることがメリットです。

 

但し、自筆証書遺言にもルールがありますので、簡単に。

ⅰ、必ず遺言者本人が直筆書く。

ワープロやタイプ、又は手が不自由だから他人に代筆させる‥

これは無効の原因になります。

(最判昭和62.10.8.で病気等により、他人の添え手を有効と認めた

判例があったりします)

 

ⅱ、日付の特定

「年月」だけでなく、「日」も特定できるような記載をしなければ無効になります。

「私の満何歳の誕生日」のような記載でもよいとされています。

最判昭和54.5.31の判例では「昭和●年●月吉日」という記載は不適法として

います。

 

ⅲ、氏名の特定

 氏又は名の一方だけの記載や、ペンネーム・通称等の記載であっても、遺言者

本人と特定できる場合は有効とされています。

 

ⅳ押印

認印でも三文判でも必ず必要です。拇印その他の指印でも適法

とされています(最判平成1.2.16)。

 

今日は遺言の内容については触れませんが、自筆で遺言を残した後に

遺言者が死亡すれば、遺言の保管者は管轄の家庭裁判所へ検認の

申立をする必要があります。

検認手続は自筆証書遺言の証拠保全をする行為であり、遺言自体が

有効か無効か判断することはありませんので、注意が必要です。

遺言の無効を主張する者は、別途無効確認の訴訟を提起することに

なります。

 

また、自筆証書遺言をキチッと残しておけば絶対安心というわけでなく、財産

の分配方法、とりわけ遺留分への配慮が必要です。

 

現代日本は家族環境が多種多様になっており、遺言を残す必要のある方

は多いのではないかと感じています。

 

 

 

最後に、我が司法書士法人高山事務所も9月で設立して3年を迎えます。

当事務所へお声掛けいただく皆様方へは、感謝の一言に尽きます。

これからもスタッフ一同、ご依頼者様に最大限の満足を得てもらえるように

、精一杯業務に励みます。

 

司法書士法人高山事務所 司法書士梶原貴志

 

 

 

 

 

 

 

 

司法書士法人高山事務所

スタッフ一覧

髙山修二(所長)

高山事務所の代表です。

記事を見る

最近のブログ記事

by 梶原貴志 2017年12月11日

登記懈怠について

by 梶原貴志 2017年03月18日

株式譲渡制限規定の定款変更の必要性

by 梶原貴志 2016年09月17日

オンライン申請の特例方式

by 梶原貴志 2016年08月09日

取締役の任期の短縮

by 梶原貴志 2016年02月08日

商業登記規則等の一部改正案について

by 梶原貴志 2015年12月10日

改正会社法施行後の株主総会

by 梶原貴志 2015年12月02日

役員の「補欠」と「増員」の解釈

カテゴリ